Construction Philosophy

仕上がりに妥協しない、こだわりの施工

快適な暮らしを、
より長く

外壁塗装は見た目だけでなく、防音・遮熱など、ご自宅の暮らしを支えるためにも大切なものです。快適な暮らしがより長く保たれるよう、塗装時の施工には職人技術が欠かせません。

たとえば、「サビ」ひとつにも手間を惜しまず、適切に処置を施すのがリプロのこだわりです。ほかの業者では、サビをケレンで十分に落とさないままに「サビ止め」を塗り、その上から塗料を塗るところも少なくありません。

しかし、じつはそれではサビの侵食はおさまらず進行してしまいます。サビ止めは本来「サビのないところ」に塗布する目的のものです。サビがある部分へ何もせずに塗ってしまうと、そのままでは躯体の寿命が縮み、雨天時に外壁から茶色い汁が出る原因になります。

そこで、リプロではケレンを使いサビを可能な限り落とした上で、どうしても落としきれないような劣化の激しすぎる部位や狭小部には、「サビ固定剤」を塗布します。そのうえで、さらに「サビ止め」を塗るのが内側のサビの進行を食い止めて長持ちさせるための秘密です。

こうした細かいこだわりの積み重ねが仕上がりの良さや長持ちにつながっていくからこそ、手は抜きません。

また、外壁材の間に注入する「コーキング材」も、耐久性のあるものを厳選しています。

耐久性の高い塗料を使用しても、コーキングが先に劣化するため、塗料の耐用年数を待たず塗り替えとなる場合が多かったのです。

当社は耐用年数の長いコーキング材(オートンイクシード:耐久年数30年)を使用することで、より長持ちする塗装を提供しています。

長期保証期間内の定期点検だけでなく、常に最新の技術を取り入れながら美しさを長く保つ施工を追求しています。

多様な塗装方法

外壁の塗装は、単色で塗りつぶす、またはタイル調サイディングを二色で塗り分けるのが一般的です。

当社はこの2つに加えて、新築のような仕上がりを再現できる画期的な塗装方法「トリプルトーン仕上げ」に対応しています。

これは、認定施工店しかできない特殊な施工方法です。

家を建てる技術の進化に伴い、塗装の技術も日々アップデートされています。お客様のご希望に幅広くお応えするために、当社はこれからも塗装方法の研究を続けてまいります。

カラーコーディネーターが、
色選びもサポート

「せっかくなら外壁の色を変えてみたいけれど、何色にすればよいのかわからない」というお客様は多くいらっしゃいます。

当社には、色の専門知識を持つ「カラーコーディネーター」が在籍しています。外壁の色選びに同席し、的確なアドバイスが可能。似た施工事例からモデル例もご提案できます。

さらに、カラーシミュレーターも使用可能。多岐にわたるカラーバリエーションから気になる色を自由にご検討いただけます。「試したい色があるので、完成イメージを見てみたい」という方も、お気軽にご相談ください。