Column

バルコニー防水を徹底解説!劣化のサインと3つの工法

防水工事

植物やチェアなどの家具を置いて、アウトドア気分も楽しめると人気のバルコニー。しかし実際は洗濯物を干す時にしか使っていない、という方も多いのでは?それゆえバルコニーの防水は、劣化に気づかないことが多いんです。バルコニーも外壁などと同じで、定期的にメンテナンスすることが大切。今回はそんなバルコニーの防水工事について解説します。

バルコニー防水の構造とは?

下地の上に【防水層+トップコート】という二重構造

バルコニーというのは、日常的に雨風にさらされている場所。それゆえ住宅を新築する際、バルコニーの床や壁には防水工事が行われます。それは雨水が染み込んで下の階の雨漏りの原因になったり、下地材を腐らせてしまうのを防ぐため。下地の上に、水が染み込むのを防ぐ「防水層」の塗装、またはシートの設置を行い、さらにその上に防水層を保護するための「トップコート」を施工します。

バルコニー防水のメンテナンスはなぜ必要?

紫外線や雨風によって劣化するため

一般的にバルコニー防水は、施工した約10年後には劣化すると言われています。ダメージを与える原因は主に紫外線と雨風。紫外線は晴れの日だけでなく、曇りや雨の日も容赦なく降り注ぐため、防水機能を劣化させてしまいます。また、暴風雨などの雨風も、衝撃を与え劣化を早める原因になります。劣化を放置するとさらに進行してしまい、メンテナンス費用がかさむことに。無駄な出費を抑えるためには、こまめに劣化のサインをチェックすることが大切です。

どんな風に劣化する?劣化のサインとは?

バルコニー防水が劣化した際に現れる、代表的な7つのサインと劣化のレベル、そしてそれぞれの対処方法をご紹介します。

表面の色褪せ
(劣化レベル ☆☆☆☆★)

バルコニー表面に施されたトップコートは、紫外線や雨風の影響で、年々白っぽく色褪せてきます。色が褪せたと感じたら、防水のメンテナンス時期。防水層まで劣化する前に、トップコートを塗り替えましょう。

〈対処方法〉トップコートの塗り替え

 

表面の剥がれ
(劣化レベル ☆☆☆☆★)

表面の剥がれを見つけたら、小さなものでも早めに対処することが大切です。トップコートのみ剥がれている場合は、トップコートを塗り替えましょう。2〜3年で剥がれてしまった場合は、施工不良の可能性があるので、施工した業者に確認を。

〈対処方法〉トップコートの塗り替え

苔や藻の発生、草の繁殖
(劣化レベル ☆☆☆★★)

 

トップコートが色褪せたり剥がれたり、表面の劣化が進行すると、苔や藻、草が生えやすくなります。草など手で取り除けるものは取り除き、高圧洗浄機などを使って洗い流します。そしてトップコートを塗り替えましょう。

〈対処方法〉清掃後、トップコートの塗り替え

 

ひび割れ
(劣化レベル ☆☆★★★)

長年紫外線や風雨に晒されることで発生する、ひび割れ。まずトップコートが固くなってひび割れ、さらに進行すると防水層まで固くなり、ひびが入ってしまいます。劣化が進む前にメンテナンスしましょう。

〈対処方法〉
軽度の場合:トップコートの塗り替え
重度の場合:防水層から塗り替え

 

防水層の浮き
(劣化レベル ☆★★★★)

下地と防水層の間に入り込んでしまった水分が、蒸発することで膨らんでしまった状態です。部分的に浮いている場合は、部分的に防水層を補修し、トップコートを塗り替えます。範囲が広い場合は、防水層全体の補修が必要となります。

〈対処方法〉
軽度の場合:トップコートの塗り替え
重度の場合:防水層から塗り替え

 

塗膜の膨れ
(劣化レベル ☆★★★★

下地が湿気を含んだまま防水工事を行ったため、その後気化した湿気が内側から防水層を押し上げてしまった状態。軽症であれば膨れた部分を切り取って補修し、トップコートを塗り替えます。広範囲に及ぶ場合は、防水層全体の補修が必要となります。

〈対処方法〉
軽度の場合:一部防水層の補修&トップコートの塗り替え
重度の場合:防水層から塗り替え

 

雨漏り
(劣化レベル ★★★★★)

バルコニーの裏側から雨漏りしている場合、すぐに防水工事をしなくてはなりません。原因は、トップコートだけでなく、防水層まで劣化していること。放っておくと、下地が腐ったり、シロアリなどの害虫が発生したりすることも。場合によってはバルコニーごと交換しなくてはならなくなります。

〈対処方法〉防水層から塗り替える

場合によっては修繕工事が必要

 

バルコニー防水 3つの工法

バルコニー防水には、主に以下3つの工法があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、あなたの家にぴったりの工法を選びましょう。

①ウレタン防水

バルコニー防水の中で、最も一般的な施工方法。液体状のウレタン樹脂をローラーやハケで塗り、防水層を形成します。どんな形状のバルコニーでも対応可能。継ぎ目がなく、シームレスな仕上がりで美しい。

【単価】3,000〜7,500円/㎡
【耐用年数】10〜15年
【メリット】
比較的費用が安い
複雑な形状でも施工可能
どんな下地でも施工可能
【デメリット】
・ムラなく均一に仕上げる技術力が必要
・経年変化によって亀裂が入ることも

②FRP防水 

FRP(Fiber Reinforced Plastics)とは、繊維強化プラスチックの略称。ガラス繊維などの補強材で強化されたプラスチックのことで、軽量かつ防水性・耐久性が高いのが特徴。耐摩耗性にも優れ、屋上駐車場などにも使用されています。

【単価】4,000〜8,000円/㎡ 
【耐用年数】12〜20年
【メリット】
強度が高いので、椅子などのインテリアを置いて楽しめる
腐食しづらい
熱や薬品に触れても劣化しにくい
【デメリット】
・紫外線に弱いのでトップコートの塗り替えが必須
・比較的費用が高い

③シート防水 

工場で製造された防水シートを貼り付けて施工する防水工事。塩化ビニールやゴム製のシートを、下地に直接貼り付ける工法と、機械を使って固定する工法がある。広い面を一度に短期間で施工可能。シート上にはトップコートを施工しないこともあります。

【単価】3,500〜7,500円/㎡
【耐用年数】10〜15年
【メリット】
どんな下地でも施工可能
耐久性・耐火性に優れている
工期が短い
【デメリット】
・施工中に工事音や振動が発生する
・凸凹がある床には向かない

相場より工事費が高くなるケースは?

条件によっては、相場よりも工事費が高くなってしまうことがあります。

高所の工事のため足場が必要

3階など高所にあるバルコニーの防水工事は、足場を組まなくてはいけない場合があります。部分的な足場であっても費用はおよそ5〜10万円ほど。もし外壁塗装や屋根塗装を行う予定があれば、同時に施工してしまうのがおすすめです

バルコニーの内部が腐朽している

バルコニーの雨漏りが進行すると、内部が腐朽してしまっている場合があります。その場合は、修繕費がプラスされてしまいます。大工事になればなるほど費用はかさむため、腐朽する前にメンテナンスするようにしましょう。

長持ちさせるコツは?

バルコニーを長持ちさせるには、定期的にメンテナンスすることが大切です。

【3ヶ月に一度】排水溝の掃除

排水溝に泥や落ち葉が詰まっていませんか?排水溝が詰まると、雨水がスムースに流れなくなり、水溜りができ、防水機能が劣化してしまいます。特にウッドパネルを置いていると気づきにくいので、注意しましょう。

【5年に一度】トップコートを塗り替える

バルコニー防水で最初に劣化するのがトップコート。トップコートをこまめに塗り替えることで、全体を長持ちさせることができます

メンテナンス費用を抑えるためにも、5年に一度はトップコートの施工を行いましょう。

まとめ

紫外線や雨風にさらされているため、必ず劣化してしまうバルコニー防水。劣化のサインが現れていないかこまめにチェックして、大事に至る前にメンテナンスすることが重要です。

バルコニー防水は劣化症状や環境などによって施工方法が異なります。施工業者とよく相談して、ご自宅のバルコニーに合った工法を見極めて工事を行いましょう。

インスタグラム